安倍元首相の国葬 アンケート

共同通信社

nordot.app

安倍元首相国葬に反対53% 内閣支持12ポイント急落51%

 

共同通信社が30、31両日に実施した全国電世論調査によると、安倍晋三元首相の国葬に「反対」「どちらかといえば反対」が計53.3%を占め、「賛成」「どちらかといえば賛成」の計45.1%を上回った。岸田内閣の支持率は51.0%で7月11、12両日の前回調査から12.2ポイント急落し、昨年10月の内閣発足以来最低となった。不支持率は7.1ポイント増の29.5%。

 世界平和統一家庭連合(旧統一教会)と政界の関わりについて実態解明の「必要がある」は80.6%、「必要はない」は16.8%だった。

 回答は固定電話425人、携帯電話625人。

 


熊本日日新聞社

kumanichi.com

安倍氏国葬」賛成42% 反対49%

世代で差、40代境に賛否が逆転 熊日S編アンケート

政府が決めた安倍晋三元首相の「国葬」について、熊日は「SNSこちら編集局」(S編)の登録者を対象にアンケートを実施した。「どちらかといえば」を含めて賛成42・9%、反対49・6%となり、反対がやや上回った。30代以下の若い世代では賛成が50%を超える一方、50代以上では反対が半数以上で、年代によって意見が分かれた。

 アンケートは多くの国民の意見を集めるのが目的で、無作為抽出する世論調査とは性格が異なる。15~19日に実施し、回答者は2279人。内訳は男性4割で女性が6割。熊本県内が9割、県外が1割だった。

 全体では賛成30・1%、どちらかといえば賛成12・8%に対し、反対は33・5%、どちらかといえば反対は16・1%だった。どちらともいえないは7・5%。

 年代別では、20代以下はどちらかといえばを含む賛成が59・4%を占めた。30代も賛成が51・4%。これに対し60代は、どちらかといえばを含む反対が60・4%と多数で、70代以上も反対56・4%、50代も反対52・5%だった。40代では賛否がほぼ拮抗[きっこう]した。

 男女別では、女性は反対が50%を超えた。

 賛成意見では、理由として歴代最長だった安倍氏の首相在任期間が挙がったほか、安倍氏の政治手腕、特に外交面における存在感への評価が目立った。熊本地震後の支援に対する感謝のほか、「国民に親しみを感じさせるキャラクターだった」(熊本市、40代女性)との声も。ロシアを念頭に「貴重な弔問外交の機会になる」(同、50代男性)との指摘もあった。

 反対意見では「説明責任がある案件が多く、関連して官僚1人が亡くなっていることを考えると疑問がある」(同、70代以上男性)など、桜を見る会森友・加計学園問題を理由に挙げた人が多かった。「国葬の定義が分からない」(合志市、40代男性)との意見も目立ち、現役の首相ではない点や、旧統一教会との関係の検証を求める声もあった。(太路秀紀)

■「国際的リーダー」「税金を使ってほしくない」…国葬の基準「わからない」の声も

 アンケートでは、安倍晋三元首相の生前の「功績」や「疑惑」を踏まえた国葬への賛否のほか、「国葬の基準」の不明確さを指摘する声が目立った。

 賛成の理由は「各国のリーダーからの信頼も厚い人で、国際的リーダーだと思うから」(熊本市、40代女性)、「歴代最長の総理大臣ということにリスペクトするべき」(同、30代男性)などの意見があった。

 熊本地震の復興やアベノミクスへの評価から「親しみがあった」(山鹿市、50代女性)といった声とともに、「国葬の場が外交の場も兼ねていると思う」(阿蘇市、20代男性)、「外交、警備の観点から公式な場を設けるのが適切」(あさぎり町、40代男性)など、国葬そのものへの期待や安全面を考慮した意見も。

 反対の理由は「森友・加計問題やら桜を見る会などで税金の無駄遣いをした人に、これ以上税金を使って欲しくない」(熊本市、50代男性)、「森友問題で自殺された赤木さんの命も同じたったひとつの命です。一方で国葬というのはあんまり」(益城町、40代女性)などだった。

 ほかにも「岸田総理の保守対策にしか見えない」(熊本市、50代男性)、「国葬が政治的に利用されそう」(御船町、70歳以上男性)、「感情的な追悼ムードに既にへきえきしています」(南阿蘇村、40代女性)との声も寄せられた。

 「どちらともいえない」の理由には「国葬に値する人の基準がわからない」(熊本市、60代女性)、「選ぶ基準が難しい。たまたま自民党政権だから国葬なのか」(同、60代男性)といったコメントが。「旧統一教会との関連を明らかにしてほしい」(合志市・30代女性)との意見もあった。(立石真一)

 

 

中日新聞

www.chunichi.co.jp

安倍元首相国葬に反対53%

内閣支持12ポイント急落51%

 

 

 

南日本新聞

https://373news.com/_kotimina/article.php?storyid=160064

安倍元首相国葬 反対72%「安易な神格化懸念」「国費負担に違和感」

賛成23%「在職最長、功績ある」 実施の是非巡りアンケート

 政府が閣議決定した安倍晋三元首相の国葬について、南日本新聞「こちら373(こちミナ)」はアンケートを実施した。「反対」「どちらかといえば反対」を合わせた反対が計72.2%で、「賛成」「どちらかといえば賛成」の計23.1%を大きく上回った。安倍政権時に起きた問題への批判や税金投入を疑問視する声が多く寄せられた。

 アンケートは22〜23日、無料通信アプリ「LINE(ライン)」のこちミナに友だち登録した人を対象に実施、706人から回答があった。無作為で民意を把握する世論調査とは異なる。

 反対の理由では森友・加計学園問題への批判が目立った。「納得のいく説明をしていない」(鹿児島市の60代女性)、「公文書改ざん問題で財務省職員が自ら断った命も同じ重みなのに釈然としない」(日置市の70歳以上男性)。国費負担に違和感を抱くとして、「自民党葬にすればよい」(いちき串木野市の60代男性)、「生活苦の国民のために使ってほしい」(西之表市の50代女性)といった指摘が相次いだ。

 矛先は岸田文雄政権にも向き、「国葬の基準がない」(曽於市の50代男性)、「決定が急すぎる」(指宿市の30代男性)などの不満が出た。「国葬は全国民に悼むことを強いる」(鹿児島市の50代男性)、「安倍元首相が神格化されそう」(同市の30代女性)と社会的影響を懸念する意見もあった。

 一方、賛成の人からは長期政権を維持した点や外交成果を評価する声が上がった。「歴代最長在職日数を務めた功績は大きい」(霧島市の40代男性)、「世界との関係向上や発展に貢献した」(鹿児島市の30代男性)、「日本を取り戻す精神的支柱だった」(同市の60代男性)などの意見が多かった。

 弔問に訪れる海外の要人らの警護面から、国葬が必要とする意見もあった。

 年代別では世代が上がるほど反対が増える傾向で、男女別では女性が男性より反対色が濃かった。政治と宗教の関わりを問題視する声も複数見られた。

 

 

長崎新聞

nordot.app

安倍元首相「国葬」 反対75%

賛成21% 森友、加計問題など不信感根強く/最長在任、外交手腕を評価

政府が閣議決定した安倍晋三元首相の国葬について、長崎新聞社は7月25、26の両日、読者との双方向情報窓口「ナガサキポスト」のLINE(ライン)で賛否を尋ねるアンケートを実施した。1040人から回答があり、「反対」「どちらかというと反対」が計75.6%に上り、「賛成」「どちらかというと賛成」の計21.3%を大きく上回った。森友、加計両学園、桜を見る会といった諸問題への不信感が根強く、国葬の基準が明確でないとして国費(税金)を投入することへの批判が目立った。
 アンケートはナガサキポストに「友だち」登録している人を対象に実施。無作為抽出で民意を把握する世論調査とは異なる。スマートフォンを持っていないなどの理由で登録できない読者も一部いたため、記者らが回答を聞き取り集計に加えた。
 回答者の内訳は男性54.3%、女性45.2%。年代別では60代が32.2%、50代が25.6%と多く、70代16.3%、40代14.5%、30代7.3%、20代2.2%、80代1.2%、10代0.7%、90代以上0.1%の順。10代を除く各世代で“反対派”が“賛成派”を上回った。
 反対の理由は、森友、加計両学園、桜を見る会の問題について「(安倍氏や政府の)虚偽答弁や不誠実な対応は国民に大きな政治不信を招いた」(長崎市・50代会社員男性)といった批判が多かった。
 憲法解釈変更による集団的自衛権行使の一部容認などは「国会で議論を尽くしたとは言えない。強引な政権運営は民主主義を軽んじた」(諫早市・60代主婦)との指摘も。安倍氏銃撃事件をきっかけに浮上した宗教団体「世界平和統一家庭連合(旧統一教会)」と政治家の関係への疑念もあった。
 岸田文雄首相が「暴力に屈せず、民主主義を断固として守り抜く決意を示す」と訴えていることについても、「安倍氏の政治的信条に対して起きた事件ではない」(長崎市・40代公務員男性)などと疑問視する意見が複数あった。新型コロナウイルス禍で国民生活が苦しい時期に税金で弔うことや、国葬の基準の不明確さなど岸田政権への不満も目立ち、「国費で賄うと弔意の強制につながる」(同市・60代無職男性)、「安倍氏を神格化する動き」(同市・50代会社員男性)との懸念もあった。
 一方、賛成の理由は憲政史上最長の首相在任期間(8年8カ月)や外交手腕を評価する声が多かった。「史上最長の在任期間の総理大臣に対し国が敬意を表すのは当然」(佐世保市・40代会社員男性)、「日本の政治、外交、発展に多大な貢献をした」(同市・30代公務員女性)、「国の威信を高めた。国葬にすることで弔問外交が展開され価値がある」(長崎市・60代男性)などの意見が聞かれた。
 また「分からない・どちらでもない」と回答した人は3.2%。「なぜ自民党と有志の葬儀にせず国葬にするのかしっかり説明してほしい」(大村市・50代自営業女性)との要望もあった。

 

 

日本経済新聞社

https://www.nikkei.com/article/DGXZQOUA275ZF0X20C22A7000000/

www.nikkei.com

安倍氏国葬、反対47%賛成43%

銃撃は投票影響せず64% 本社世論調査

銃撃を受けて死去した安倍晋三元首相の国葬に関する賛否を日本経済新聞社世論調査で聞いた。「反対」が47%、「賛成」が43%と評価が割れた。

世代別にみると若いほど賛成する傾向がみられた。「賛成」は18~39歳で57%、40~50歳代で45%、60歳以上では38%だった。支持政党別に分析すると自民党支持層は61%、野党支持層が25%だった。

支持政党がない無党派層は反対52%、賛成34%だった。

 

 

賛成30% 反対68% yahooアンケート

 

 

【読者アンケート実施中】安倍元首相の国葬、あなたの意見は?【7日まで募集】

ryukyushimpo.jp

 

緊急アンケート! 安倍元首相の国葬にあなたは賛成、それとも反対?

bunshun.jp

 

ryukyushimpo.jp

「どちらかと言えば」を含めて賛成は34.1%、反対は65%だった。20代以下は賛成が多く、年齢が上がるにつれ反対が多かった。

 

www.okinawatimes.co.jp

国葬に「反対」「どちらかと言えば反対」が計58・8%に上り、「賛成」「どちらかと言えば賛成」の計39・1%を上回った。「どちらとも言えない」は2・0%だった。

 

 

 

www.nippon.com

銃撃されて亡くなった安倍元首相の国葬をめぐって、市民団体が、きょう、国を相手に、国葬の差し止めなどを求める裁判を、東京地裁に起こした

 

 

news.livedoor.com

安倍晋三元首相の「国葬」について、弁護士ドットコムが弁護士に賛否を尋ねるアンケート(7月23~31日)を実施したところ、278人が回答し、うち6割超が反対だった。法的根拠がないとの意見が多くみられた。

 

6人のカナダ人医師が2週間以内に突然死亡

6人のカナダ人医師が2週間以内に突然死亡

 

若くて健康なカナダの医師が、これまで前代未聞の成人突然死症候群 (SADS) と呼ばれる現象に見舞われています

 

成人突然死症候群 (SADSと呼ばれるこれまで前例のない現象 が、ここ数か月で多くの注目を集めています。

 

オンタリオ州の医師は、最近の SADS 症例の増加に免疫がありません。

The Epoch Timesが証明しているよう に、7 月下旬に突然亡くなった 6 人目の医師、27 歳の Candace Nayman 医師について詳しく説明しています 。 

Nayman は McMaster Children's Hospital (MCH) で医師として働いていました。彼女の雇用主は、彼女がトライアスロンの競技中に倒れ、その結果死亡したことを指摘しました。 

そのわずか 1 日前の 7 月 27 日、トリリウム ヘルス パートナーズ (THP) も 、同社の医師 3 人が急死したという声明を発表しました。 

 

「博士。Jakub Sawicki、Dr. Stephen McKenzie、Dr. Lorne Segall は、患者と地域社会のケアに人生を捧げた尊敬される医師でした。 

これらの医師の 1 人である 49 歳のローン シーガルは、「進行性肺癌とのばかばかしいほど不当で激しい戦いの 1 年にわたる戦い」の後、安らかに眠っていた、と 彼の死亡記事は 読んでいます。Dr. Segall は、公に認められた潜在的な併存疾患を持つ 6 人の医師の 1 人です。

  

The Epoch Times の別のレポートでは、 THP は、他の 2 人の医師の死因についてコメントすることを拒否したときに、プライバシーの問題を挙げました。 

 

1 週間も経たないうちに、50 歳の医師もランニング中に突然死亡しました。オリンピックのセーラー兼マラソンランナーであるポール・ハンナム博士は、彼の死亡記事によると、「2022 年 7 月 16 日のファンランの早い段階で突然の心不全」に見舞われました 

 

別の州では、サスカチュワン州メルビルの医師が 7 月 23 日に予期せず死亡し ました。

サスカチュワン州保健局 (SHA) が発表した 声明によると、シャーリアー ジャラリ マズロウマン医師は「予期せず亡くなった」とのことです。

マズロウマン博士がこの レポートの対象であるという推測があり、彼の年齢は 44 歳です。   

突然の死とは別に、これらの死に共通するもう 1 つのことは、うわさにもかかわらず、 医療部門の従業員に義務付けられた COVID-19 ワクチンの結果で はなかったということです。  

 

これらの死亡例は、人員不足が カナダの病院に負担をかけ続けているために発生しています。特にオンタリオ州では、いくつかの病院が、州全体の救急部門と集中治療室のサービスを閉鎖または縮小すると発表しました。

 

出典 翻訳

www.rebelnews.com

 

 

真実は、偽のニュースを作成して「口コミで広まる」だけです. 以下は、

フェイクニュースの一部です。

真実: ビル・ラッセルはCOVID-19ワクチンで死ななかった!

これは、だまされやすい人々からページビューとお金を生み出すためにバンクーバータイムズによって作成されたフェイクニュースのさらに別の例です.

事実 #1 :バンクーバー タイムズはフェイク ニュースのウェブサイトです

バンクーバー タイムズは、フェイク ニュース を作成してページ ビューと収益を増やすことで知られる「コンテンツ アグリゲーター」 (コピー アンド ペースト) の Web サイトです。

正当に見えるように、彼らは正当な報道機関からのニュースをコピーして貼り付けます。トラフィックを増やすために、彼らはフェイク ニュースを作成し、時には「風刺」として偽装します。

否認のうわべだけを与えるために、彼らは自分たちについてのセクションで自分たちを「風刺ウェブサイト」としてラベル付けしています.

バンクーバー タイムズは、西海岸で最も信頼できる風刺情報源です。保守派に影響を与える問題について風刺的な話を書きます。

 

 

事実 #2 :ポール D. ハンナム博士が突然の心不全で死亡

ポール デビッドソン ハンナム博士は、ランニング中に突然の心不全で倒れ、死亡しました。

反ワクチン活動家は、運動選手や健康な人が運動中に死ぬことはあり得ないと主張していますが、それは真実ではありません.

真実は – 多くの健康なアスリートが毎年予期せず死亡しており、その数は毎年着実に増加しています.

マロンの研究によるこのグラフは、1980 年から 2006 年にかけて、突然死の報告が毎年 6%ずつ増加していることを示しています。

実際、1980 年から 2006 年にかけて、若くて健康な運動選手の突然死の数は 4 倍以上になりました。

これは、そのような突然死の増加は、当時は明らかに存在しなかったCOVID-19ワクチンによるものに違いないという主張を覆します.

 

事実 #6 :キャンディス・ネイマン博士がトライアスロン中に倒れた

2022 年 7 月 24 日 (日) のトロント トライアスロン フェスティバルで、キャンディス ネイマン博士が水中で倒れました。

ライフガードはすぐに対応し、水から彼女を救出し、救急隊員が彼女を病院に連れて行く前に彼女に付き添いました. 残念ながら、彼女は 4 日後の 7 月 28 日木曜日に亡くなりました。

トライアスロン中の心停止による死亡は珍しくありません。30 年以上にわたって米国で 900 万人以上の参加者を対象とした研究では、発生率が 100,000 人の競技者ごとに 1.74 であることが示されました。

主任研究著者であるミネソタ州アボット・ノースウェスタン病院の心臓専門医であるケビン・ハリス博士によると、

死亡者の大部分 (66.7%) は、レースの最初の部分であるトライアスロンのスイム部分で発生します。

レースのこの部分では、アスリートは水に入り、他のアスリートとの接近戦でアドレナリンの急増を経験する可能性が高く、場合によっては準備が難しい環境条件で競争します。

事実 #7 :彼らが最近ブースター投与を受けたという証拠はない

バンクーバー・タイムズのジェイソン・ピレスは、証拠なしに、トロントの5人の医師がブースター投与の「直接の結果として」死亡したと主張した.

彼は怠惰すぎて、医師が亡くなる直前にオンタリオ州が 2 回目のブースター接種 (4 回目のワクチン接種) を推奨し始めたことを指摘することさえできませんでした。

しかし、たとえ彼がそうしたとしても、それは彼らが実際に 2 回目のブースター投与を受けたことを意味しないため、何の意味もありません.

真実は、5 人の医師のいずれもが最近 COVID-19 ブースター投与を受けた証拠がないということです。

 

事実 #8:ビル・ゲイツとテドロス博士は逮捕されなかった

バンクーバー タイムズは、ビル ゲイツと WHO 事務局長のテドロス ゲブレイェスス博士の両方が人道に対する罪で逮捕されたという偽の記事を作成しました。

それは、陰謀論者や反ワクチン活動家が偽の話を共有するように仕向けるために完全に捏造されたものです。

INTERPOL は、世界中のどの国においても、犯罪者を逮捕したり起訴したりする権限を持っていません。

事実 #9 :  ジャスティン・トルドー + クラウス・シュワブには逮捕状はありませ

バンクーバー・タイムズはまた、INTERPOL がカナダのジャスティン・トルドー首相と WEF 会長のクラウス・シュワブに逮捕状を発行したという偽の記事を作成しました

どちらの男性にも逮捕状はありません。これは、陰謀論者や反ワクチン活動家が偽のニュースを共有するように仕向けるために、バンクーバー タイムズによって捏造されました。

事実 #10 :出版禁止などというものはありません

バンクーバー・タイムズは、ビル・ラッセルが COVID-19 ワクチンで死亡したことを報告する評判の良いメディアが見つからない理由を説明するために、「メディアの停電」という主張を好んで使用します。

それは完全で完全なでたらめです。裁判官やアメリカ政府でさえも、世界中のメディアをコントロールしたり、ビル・ラッセルの死について書くことを妨げたりすることはできません。

また、主流メディアが記事の掲載を拒否したとしても、他の多くの Web サイトやブロガーによって報道されていたことは間違いありません。

しかし、ブロガーやオンライン Web サイトで、この信じられないほどのストーリーの説明を公開した人は 1 人もいませんでした。それはそれが決して起こらなかったからです…

 

事実 #11 :主流メディア + ビッグ テックは誇大広告を気に入っていただろう

バンクーバー タイムズは、ビル ラッセルの死因に関する「真実」を、主流メディアとビッグ テックがどのように隠そうとしているのかについて、あなたにガスライトを当てています。

彼らは皆、そのような衝撃的なニュースを喜んでいたでしょう。なぜなら、彼らのウェブサイトやプラットフォームに大量のトラフィックとエンゲージメントがもたらされたからです。

実際、バンクーバー タイムズが偽の記事を作成したのはまさにそのためです。トラフィックを促進し、広告費を稼ぐためです。

バンクーバー タイムズが発行するものはすべて、そうでないことが証明されるまで、フェイク ニュースと見なされるべき です。

 

出典 翻訳

www.techarp.com