ブリンケン国務長官とライモンド商務長官、林義正外務大臣、萩生田光一経済産業大臣

ブリンケン:  みなさん、こんにちは。そのため、私たちは新しい日米経済諮問委員会、別名 EPCC または「エピック」の最初の会議を締めくくったところです。ライモンド国務長官と私は、今日ここワシントンに同僚を迎えることができて非常にうれしく思います。私は林外務大臣と数週間前に G20 のためにバリで、そして東京でお会いしました。そこで私は、総理大臣の暗殺後、アメリカ国民の深い哀悼の意を日本国民に伝える機会がありました。阿部。

ご存じのとおり、EPCC は 1 月のバイデン大統領と岸田首相の会談の成果でした。両首脳は、日米同盟がこれまで以上に強力で必要性を増したことはなく、両国は協力を深めてルールに基づく経済秩序を強化し、労働者、企業、人々が直面している緊急の課題に対処し、開放的、包括的、インド太平洋およびその先の持続可能な経済成長。

今日の EPCC の第 1 回会合は、生産的で、実質的で、私たち国民の生活と将来にとって重要な問題に直接結びついた、大成功だったと言って差し支えないと思います。COVID-19 のパンデミックによりサプライ チェーンの脆弱性が明らかになった後、回復力のあるサプライ チェーンの構築について話し合いました。私たちは、機会を大いに約束するだけでなく、国家安全保障、人権、消費者の健康と安全、知的財産にリスクをもたらす新興技術に取り組みました。

私たちはウクライナに対するモスクワの戦争について話しました。私たちの国は、プーチン大統領が戦争を終わらせ、もちろん、その間に、ロシアの侵略のために部分的に急上昇した世界中の食料と燃料の価格に対処するために、ロシアにコストを課すために緊密に協力しています. 私たちは、開発資金と、持続不可能な債務を抱えた国を圧迫する可能性のある不透明な融資慣行の問題について議論しました。

また、中華人民共和国と、その強制的な経済慣行が、すべての国に参加し、競争し、成長する機会を与えるオープンで包括的なルールに基づく国際経済秩序にどのように反するかについて取り上げました。日本と米国は、すべての国が規範、基準、人々、アイデア、商品、資本が自由に移動できるようにする慣行を守るグローバル経済を信じています。紛争が迅速に、平和的に、率直に解決される場所。貿易と商業が労働者を支援し、収入を増やし、環境を保護し、できるだけ多くの人々に機会を提供する場所。EPCC は、日本とのこれまでにないパートナーシップへの最新の追加です。

数か月前に東京で、両国は他の 12 の国に加わり、インド太平洋経済フレームワークを立ち上げ、地域全体でより強力で公正で回復力のある経済を支援しました。私たちの国は、グローバルヘルスから気候危機、インフラストラクチャに至るまで、インドやオーストラリアとクワッドを通じて協力しています。我々は、贈収賄汚職に取り組むための OECD を通じて、COVID-19 と闘うためのグローバル行動計画を通じて、重要な鉱物サプライ チェーンを強化するための新しいミネラル セキュリティ パートナーシップを通じて協力します。

そして、これらのさまざまなイニシアチブやフォーラムのすべてを超えて、日米間の二国間関係は、国家安全保障の保護から人権の擁護、自由で開かれたインド太平洋へのビジョンの推進に至るまで、私たちが直面するほぼすべての問題を網羅しています。領域。私たちが今日行った作業は、私たちの経済的安全保障が私たちの全体的な国家安全保障と福祉の重要な要素であることを共に明確にすることであり、私たちのパートナーシップの重要性と幅広さと深さを強調していると思います.

私たちは、日本との同盟関係に深く感謝しています。それは何十年も前にさかのぼり、大切な家族の絆と人々の間の友情によって支えられています。私たちが今日ここで行った作業は、そのパートナーシップの強さを反映しているだけでなく、重要なことにそれを前進させています。

別の話として、今日、私はロシアのラブロフ外相と話をしました。私たちは率直で直接的な会話をしました。私はクレムリンに対し、ポール・ウィーランとブリトニー・グリナーの釈放に関して私たちが提出した実質的な提案を受け入れるよう圧力をかけました。私はまた、世界は、ロシアがウクライナ、トルコ、国連と結んだウクライナからの穀物出荷に関する合意の下で、ロシアが約束を果たすことを期待していることを強調しました。ウクライナ大使のブリンク大使は、今朝オデッサにいました。彼女は、船が積み込まれ、準備が整っていることを確認しました。ロシアが世界に対して行った約束を果たすことは、重要かつ不可欠です。私が明確にしたように、私たちはそれができるだけ早く前進することを期待しています.

私はまた、ラヴロフ外相に対し、クレムリンウクライナ領土のさらなる併合を進める計画についての最近の声明に照らして、実際、民主的に選出されたウクライナ政府を交代させ、その一部になることについての外相自身の言葉に照らして明らかにした。彼らの進行中の計画 - それらの計画は決して受け入れられません。世界は併合を認めません。

ロシアが計画を進めれば、ロシアに追加の多額の費用を課すことになります。我々はまた、ウクライナを支持し続け、ウクライナの自衛能力を支持し、ロシアが侵略を終わらせるまで、ロシアにコストを課します。我々は、ウクライナを支援し、モスクワに責任を問うために、日本を含む同盟国及びパートナーと緊密に連携し続けている。そしていつものように、私たちはウクライナや他の国と協力して、戦争を終わらせ、侵略を終わらせるための有意義な外交努力を支援する用意があります.

それでは、信じられないほど生産的な会議を開催し、今後の道筋を一緒に設計し、EPCC が本当に両国間の壮大な成果であることを確認してくれた同僚に感謝したいと思います。ありがとうございました。

よし。

外務大臣:(  通訳を介して)皆さん、こんにちは。外務大臣としてワシントンDCを訪問するのはこれが初めてです。まず、バイデン大統領、ブリンケン長官、そして多くの米国政府関係者に対し、安倍前首相の訃報に心からお悔やみを申し上げます。米国の人々から寄せられた考えに感謝したいと思います。

私たちは、ブリンケン長官、ライモンド長官、萩生田大臣との最初の閣僚級経済2+2を終えたところです。とても有意義な意見交換ができました。すばらしいもてなしをしてくださった両秘書に改めて感謝いたします。経済2+2は、日米同盟において、外交・安全保障政策と経済政策を一体的に議論する最初の試みです。その背景には、既存の国際秩序が武力による一方的な現状変更の試みだけでなく、不公平で不透明な経済的影響力を行使することによって戦略的利益を実現しようとする試みによって、既存の国際秩序が脅かされているという共通の切迫感がある。方法。

このような危機に効果的に対応するため、本日、日米の4大臣が集まり、各国の経済政策、地域経済秩序の確立、経済安全保障等、多岐にわたる事項について議論を行いました。これは時間の要求への対応であり、急速に変化する国際経済における日米同盟の適応性と、この分野での国際協力をリードする日米の決意についての強いメッセージであると私は信じています。 .

本日は、以下の点について協議し、連携を確認いたしました。まず、ルールに基づく自由で開かれた国際秩序について議論しました。経済が外交に与える影響力が強い今日、日米両国は、経済の安全保障を確保する国際秩序の維持・発展のため、経済面だけでなく戦略面でも志を同じくする国と協力していくことを確認しました。

エネルギー安全保障と食料安全保障に関して、我々は、ロシアによるウクライナ侵攻によって深刻な影響を受けた国々への支援について議論した。

また、日本はIPEFを支持し、インド太平洋地域の経済秩序において米国がより積極的な役割を果たしていることを表明し、米国がTPPに早期に復帰することへの強い期待を両長官に伝えました。

第二に、国際社会の連帯を阻害し、各国の外交政策を歪曲する意図的な経済的影響力を行使する国際的な経済的影響力への対応について議論し、認識を共有しました。G7エルマウサミットでも経済強要問題が取り上げられましたが、G7広島サミットに向けて議論を深めていきたいと思います。

また、不公平で不透明な開発金融について、日本と米国が協力して、すべての国が国際的なルールと基準を遵守できるようにしてほしい。

また、日米が自らの競争力と強靭性を確保するため、昨年4月に合意したコア・パートナーシップに基づく協力を引き続き推進していくことで一致しました。また、志を同じくする国と協力して、より強力なサプライチェーンを確立することにも合意しました。

繰り返しますが、私たちは保護主義ブロック経済を追求しているわけではありませんが、どのような政策もビジネスの透明性と予測可能性を十分に考慮します。日本が議長国を務めるG7や米国が議長国を務めるAPECなどの機会をとらえて、志を同じくする国と様々な関連分野で引き続き議論を深めていきたいと思います。閣僚会議を定期的に開催することで合意しており、次回の会合を楽しみにしています。ありがとうございました。

ライモンド長官:  ありがとうございます。こんにちは。私たちを迎え入れてくれて、私たちをまとめてくれたブリンケン長官に感謝します。また、萩生田大臣と林大臣には、この非常に重要な会議にご参加いただき、またここ米国で出席していただき、ありがとうございます。私はまた、安倍首相の悲劇的な喪失について、同僚と日本の人々に哀悼の意を表します。

そこで私は、本日の会合が大成功だったという評価をブリンケン国務長官と共有します。私たちは、率直で、生産的で、オープンで、実質的な議論を行いました。私は、経済成長の促進、世界秩序への脅威への対処、および安全と回復力の強化に関する共同の進展を非常に誇りに思っています。

日米の緊密な関係は、両国で良い仕事を支え、相互の繁栄と安全に貢献しています。私たちの同盟は、インド太平洋地域だけでなく、実際には世界中の平和と繁栄にとってますます重要な力となっています。

また、昨日、議会が最終的に CHIPS 法への資金提供を承認したことに、どれほど深く感謝しているかを認めたいと思います。今日議論したように、半導体は経済と国家安全保障の要であり、今日、特に高度な半導体に関して、日本と米国がどのように協力できるかについて素晴らしい議論が行われました。国内の半導体生産における CHIPS 法への 520 億ドルの投資により、米国で数十万の雇用を創出し、米国の製造業を再建し、今後数十年にわたってサプライ チェーンを強化することができます。

同様に重要なことは、この資金が日本のような同盟国とのパートナーシップを強化することです。それは、サプライ チェーンに関する共同作業を強化し、両国の競争力を促進し、重要なことに、このような重要な技術を敵に依存することを少なくします。それは構築されます-すみません。同様に重要なことは、この資金は私たちのパートナーシップを強化し、萩生田大臣と私が5月に行った会談で、半導体サプライチェーンに関する協力の共通の意図を表明したことをさらに発展させるものです。

近い将来、ここアメリカでアメリカ製のチップがここアメリカの日本の自動車工場に供給される日が来ることを楽しみにしています。両国は協力して、未来への投資をリードしています。改めて、萩生田大臣、林大臣のご参加に感謝申し上げます。私たちの国、地域社会、そして人々の間に新しく、より強い絆を築くためのあなたの努力に感謝します.

萩生田大臣:( 通訳を介して)経済産業大臣萩生田光一と申します。まず、安倍前首相に心からのお悔やみの言葉を送ってくださった米国民の皆様にも感謝の意を表します。日米同盟は日本外交の礎です。安倍前首相はいつもそう言っている。オバマ大統領との広島と真珠湾への歴史的な訪問には、当時の官房副長官として同行しました。安倍前首相は、日米の絆を強めながら、政治生命を賭けてきた。

バイデン大統領が日本大使館に来て哀悼の意を表した。ブリンケン長官が来日し、ライモンド長官から心のこもったメッセージをいただきました。米国内では、政府の建物だけでなく、多くの場所で半旗が掲げられていました。それは、両国間の人々のレベルでの深いつながりを示しています。安倍前総理に代わり、心より感謝申し上げます。

「日本は帰ってきた」と安倍首相は約10年前にワシントンで宣言した。日本は、世界の平和と繁栄のために、民主主義のチャンピオンである米国と手を取り合い、再びリーダーシップを発揮します。そのため、CPTPP、自由で開かれたインド太平洋、クワッドでは、この地域の平和と繁栄を支える基盤が構築されたという決意が 10 年にわたって表明されました。先日、ブリンケン国務長官は、そのような喪失感を感じていると述べました。正直、日本全体が大きな喪失感に包まれています。

しかし、日本はここにとどまります。今後も日本は米国と手を取り合い、世界の平和と繁栄に向けて取り組んでいきます。私たちの決意をあなたに明確に伝えるために、私はここに来ました。本日、初めて経済2+2が開催されました。枠組みができました。サプライ チェーンのリスク、経済的強制、対外安全保障政策、および経済政策は不可分になっています。このような時代に、日米の外相、経済相が​​一堂に会し、一堂に会して議論を深め、統一されたメッセージを世界に発信しています。その意義は非常に大きい。

デジタル化などの新たな課題に対応するため、ルールに基づく新たな経済秩序を、米国政府のリーダーシップの下、地域諸国の幅広い参加を得て構築します。我々は、IPEF において新しい経済構造が構築されつつあることを歓迎する。エネルギー長官、ビジネスと人権、情報通信などの信頼できるインフラストラクチャの開発、バッテリーや重要な鉱物などのサプライチェーンの回復力など、取り組むべき問題が山ほどあります。

今回は共同声明とともに、具体的な項目についての行動計画も発表されました。これは大きな成果です。宇宙、海洋、サイバーなどの重要で新興の技術では、協力が強化され、経済的安全が確保されます。今日は、これらのトピックについて議論するためにかなりの時間が費やされました。問題は、攻撃的な方法と防御的な方法で同時に処理されます。輸出管理による保護と合わせて、高度な技術開発を推進します。

次世代半導体に関する日米共同開発を加速することで一致した。日本はすぐに行動に移します。産総研理化学研究所東京大学の次世代半導体研究の独自研究から、日本の叡智を結集します。新しい研究開発組織の立ち上げが決定されました。海外企業や研究機関にも開放する。国際共同研究拠点となります。我々は、科学技術立国日本の力を結集し、日米及び志を同じくする国々の協力をリードしていく所存です。外交上の要求を満たすために、国際ルールに違反して経済力を一方的に使用することは決してあってはなりません。

太平洋からインド洋まで、この広大な海と空は誰にでも自由に開かれています。国の大きさに関係なく、すべての国に利益をもたらすはずです。この経済2+2はいわば、自由で開かれたインド太平洋を実現するための羅針盤です。地域の平和と繁栄の礎です。そのために、ここにいらっしゃるライモンド商務長官、ブリンケン国務長官、林外務大臣とともに、全力を尽くしてまいります。どうもありがとうございました。

MR PRICE: それでは  質問に移りましょう。片面2枚ずつ交互に並べていきます。AFP の Shaun Tandon から始めましょう。

質問:  こんにちは。おはようございます。こんにちは。長官、ラヴロフ外相との会話についてのあなたの発言のフォローアップから始めてもよろしいですか? これにより、ブリトニー・グリナーとポール・ウィーランが帰国する可能性が高まることについて、どの程度自信がありますか? ラブロフ外務大臣からどのような感覚を得ましたか。今週初めにあなたがウクライナについてロシアと交渉するつもりはないと言っていましたが、ラブロフ外相から得た全体的な感覚はどうでしたか? 米国がロシアに対処し、ロシアのあらゆる分野で進歩を遂げることができるという自信はありますか? また彼と話す予定はありますか、それとも会うつもりですか?今日発表されたように、あなたは来週 ASEAN のためにカンボジアに行く予定です。

そして、ここにいるすべての人に心を開くことができれば、1 週間ほど電話で話すことができると思います。大統領が昨日中国の習近平国家主席と行った電話で、これは台湾の問題で何か進展があると思いますか? 現在の台湾の緊張と、ペロシ下院議長の訪問の可能性について、あなたはどの程度懸念していますか。あなたはそう思いますか?それはあなたが乗り越えられるものだと確信していますか?それとも状況を悪化させることを心配していますか? どうもありがとうございました。

ブリンケン長官:  ショーン、どうもありがとう。まず、これを大局的に見ると、ウクライナに対するロシアの侵略を終わらせるために外交を進める機会があると考えるなら、もちろんそれを取るだろうとずっと言ってきた。残念なことに、悲劇的なことに、ロシア側には、侵略を終わらせるために有意義に関与する積極的な意思は見られませんでした。同時に、ロシアの上級国民が私や同僚から直接話を聞いて変化をもたらすような問題があれば、もちろんそれを追求するとも言いました。

そして、今日の外務大臣との電話に関しては、先日私たちが話す機会があったときに述べたように、私は彼に何を提起するつもりかをあなたに話しました。つまり、数週間前から検討されていた重要な提案であり、ポール・ウィーランとブリトニー・グリナーを家に持ち帰ることにつながります。私はラブロフ外相に対し、その提案を進めるよう促した。私は彼の反応を特徴付けるつもりはありませんし、物事が多かれ少なかれ可能性が高いと思うかどうかについてあなたに評価することはできませんが、彼がそれについて私から直接聞いたことは重要でした.

第二に、先日言ったように、世界中の非常に多くの国を代表して、合意された協定の文脈で、国連、トルコ、ウクライナだけでなく、ロシアに約束を実行させることです。 、しかし、ロシアによるオデッサ港の封鎖に終止符を打とうとしている全世界にとって、非常に多くの人々が必要とし、依存している食糧を拒否し、何ヶ月にもわたって食糧価格の大幅な上昇をもたらしました–彼が他の多くの国を代表して私から直接聞くことは重要です.

そして最後に、先日、世界中の多くの国が、ロシアのウクライナにおける戦争目的の拡大、特に追加のウクライナ領土の併合を進める計画について最近耳にしたことに対して、深い懸念を抱いていることをお伝えしました。そして私は、彼らが今後数週間から数か月で何をすると予想するかを正確に説明しました – ウクライナのこれらの地域で偽の国民投票を行い、ウクライナのこれらの地域の人々が何らかの形でロシアの一部になることを目指していることを誤って証明しようとすることを含みます – すべてはウクライナの領土を可能な限りむさぼり食うというプーチン大統領の目的を前進させ、彼の観点から言えば、独立した主権国家としてのウクライナを消し去ろうとしている。

もちろん、それは起こりません。ウクライナ国民は、そんなことは起こらないと明言しており、世界はそれを起こさせないことを明言しています。しかしそれ以外では、プーチン大統領は可能な限り多くのウクライナの領土を獲得しようとしています。ロシアがこれらの計画を実行に移せば、追加の多額の費用がロシアに課せられることになります。

ですから、ラブロフ外相の反応を特徴付けたくはありません。彼に尋ねる機会があれば、続けてください。

まず、バイデン大統領と習近平国家主席の電話会談に関しては、ご存知のように、これは前回の 3 月を含む以前の話し合いに続いており、また、私が王毅外相と過ごした時間を含め、最近の多くの関与に基づいています。 5時間ほど一緒に過ごしたバリ島。ジェイク・サリバン国家安全保障問題担当補佐官、国防長官、財務長官、統合参謀本部議長はそれぞれ、最近、カウンターパートと会話したり、関与したりしています。これは、中国との意思疎通を維持し、深化させて、我々が持つ多くの相違点を責任を持って管理し、我々の利益が一致する場所であればどこでも協力できるようにする我々の取り組みの一部です。そして、それがまさに会話の性質でした。

繰り返しになりますが、それは基本的に 3 つのことをカバーしていると言えます。第二に、ロシアのウクライナ侵略に関する意見交換。そして最後に、バイデン大統領が私たちの政策は変わっていないと強調した台湾です。米国は、現状を変更したり、台湾海峡の平和と安定を損なおうとするいかなる一方的な努力にも強く反対します。それが彼らの会話の性質であり、基本的に内容でした。彼らは他の多くの問題にも触れました。

でもほら、結論としてこれだけ言っておきます。台湾に関しては多くの違いがありますが、過去 40 年以上にわたり、私たちはそれらの違いを管理し、平和と安定を維持し、台湾の人々が繁栄することを可能にしてきました。紛争の可能性を生み出さない賢明な方法でこれを管理し続けることは、私たちの共有責任の一部として重要です. この問題に関して、特にバイデン大統領と習近平国家主席の間でオープンなコミュニケーションを維持することは、それを行うために不可欠だと思います。私たちは、リーダー間の直接のコミュニケーションが、台湾のような問題を可能な限り責任ある方法で管理するという私たちの責任を果たす上で最も重要な側面であると信じています.

MODERATOR:  (Via interpreter) Mr. Matsuura from Kyodo.

質問:   (通訳を介して) この機会をいただき、ありがとうございます。松浦です。林大臣とブリンケン長官への質問です。日米関係の歴史を振り返ると、安保2+2が閣僚級に格上げされたのは1990年のことである。今日、2+2は経済分野にまで拡大し、日米同盟は新たな段階に入っています。一方、中国は国際社会において、経済力を活かして広く影響力を拡大しようとしている。では、日米が協力して経済秩序を維持・強化する意義は何だろうか。また、今日の G7 での議論や、中国との経済関係が強い ASEAN との議論をどのように発展させていく予定ですか?

【林外務大臣】  (通訳を介して)まず、国際社会において一方的な現状変更の試みが許されないよう、日米が連帯して取り組んできました。一方で、冒頭で申し上げたように、日米が不当で不透明な経済的影響力の行使に効果的に対応するためには、外交、安全保障、経済を一体として考える必要があります。特に、米国と日本は世界第 1 位と第 2 位の民主主義経済国であるため、そのような状況で実施される政策について戦略的に議論することは有益です。このような時代の要請に応え、同盟が国際環境の変化に適応できることを実証するために、経済2+2はここにあります。

日米両政府は、本日の経済2+2の議論を踏まえ、インド太平洋地域を含む国際社会における秩序の維持・発展に努め、様々な分野で協力を進めていきます。また、国際経済秩序の形成には、日米間の協力のみならず、志を同じくする国々との協力が不可欠です。本日の経済2+2で議論した戦略的協力と問題を、来年の日本が議長国であるG7諸国と共有し、協力をさらに拡大できるようにしたいと考えています。

また、ASEANとの関係については、日本と米国は、ASEANの一体性と中心性を常に尊重しつつ、自由で開かれたインド太平洋とインド太平洋に関するASEANアウトルックの実現に向けた具体的な協力を推進してきました。我々は,本日の経済2+2で議論したインド太平洋地域の持続的かつ包摂的な経済成長及び経済安全保障の実現を目指し,また米国によるIPEF等の枠組みも活用しつつ,地域のパートナーと引き続き緊密に協力していく。

秘書のまばたき:  私は同僚が言ったことすべてに同意します。いくつかのポイントを追加するか、いくつかのポイントを強化するだけです. 第一に、米国と日本は、経済の安全保障と国家の安全保障は切り離すことができないという信念を共有しています。それらは基本的にリンクしています。そして、私たちと私たちの同僚全員にとって、経済安全保障問題についての議論をさらに高めることは非常に重要だったと思います。今日私たちが話しているのを聞いた問題は、多くの点で、日本と米国、そしてそれ以外の人々が生活の中で感じ、経験している非常に実際的なことだと思います。そして、私たちは協力することで、機会を促進し、経済分野における人々の幸福に対する課題に対処する上で真の違いを生み出すことができるという共通の信念を持っています. それが最も重要なことです。

第二に、米国と日本の間であろうと、ASEAN、IPEF、Quad の文脈であろうと、私たちが一緒に取り組んでいるイニシアチブの多くについて簡単に述べておきます。これらは相互に補強しています。そして、それらは効果的にお互いに力を加えます。私たちが話し合った多くの事柄が、IPEF、クワッドなどの議題にある問題と重複しているため、今日私たちはそれを見たと思います。米国と日本が協力してこれらの問題のいくつかを推進することができれば、来年は日本が G7 で主導権を握り、APEC で主導権を握ることができます。実際に前進するのに大きな違いがあります。

最後に、私たちはここに立って、会議の結果を皆さんと共有することができます。実際のところ、今日私たちと一緒に座っている多くの人々や、東京やここワシントンのミニストリーに戻ってきて、毎日本当に仕事を進めている人々がいます。そのため、来年 4 人で再び会うことに同意しましたが、その間に、チームが今から年末までにフォローアップするための非常に詳細で具体的な議題を提示しました。それから来年に向けて、私たちは一緒に基本的なビジョンと、私たちの国ができる仕事の枠組みを設定しただけではありません。これらすべてを実現するための具体的なイニシアチブを実際にフォローアップします。それが今日のもう一つの重要な点だと思います

モデレーター:   (オフマイク)

質問:  こんにちは、ありがとうございます。外務大臣、私が思うに、台湾を手始めに、日本政府は、ペロシ議長の訪問または他の訪問によって促されるかどうかにかかわらず、短期的に潜在的な危機に対する安全保障の観点からの緊急時対応計画を作成していますか? また、日本政府は、G7 がそのような危機のエスカレーションのリスクを抑止または軽減するために何らかの経済的影響力で介入する役割を想定していますか?

ライモンド国務長官、あなたは以前、ロシア軍がウクライナでキッチン家電から半導体を剥がすことを余儀なくされていると話していました。彼らが持っている供給の制約が、そこでの軍事作戦に時間制限を課しているのかどうかについて、あなたは何らかの感覚を持っていますか? より一般的に言えば、危機にある中国に関して、あるいは逆に、米国は台湾の危機を短期的に乗り切るのに十分な半導体供給を持っていると思いますか?

それからブリンケン長官へ、USSロナルド・レーガン空母ストライカーは南シナ海にいますが、中国との危機が発生した場合、水上艦隊の脆弱性について多くのインクがこぼれました. 防衛資産の短期的な事前配置について、来週、日本や他の同盟国と話し合う予定はありますか?

ありがとうございました。

【林外務大臣】  (通訳で)ご質問ありがとうございます。ペロシ議長の訪問に関しては、日本政府としてコメントする立場にありません。さて、5月の日米首脳会談での台湾に関する共同宣言に至るまで、台湾に対する基本的な姿勢は変わっていません。台湾海峡の平和と繁栄が重要であることは変わりません。そして、海峡問題の平和的解決が首脳間で合意されました。

ライモンド長官:  ありがとうございます。輸出規制に関しては、週ごと、月ごとに、輸出規制がこの戦争を継続するロシアの能力にさらに壊滅的な影響を与えていると信じるに足る理由があります。彼らは戦争に備えて、この種の技術とスペアパーツの備蓄を開発しました。それが減少し続けると、運用を継続する能力が大幅に低下します。

これらの輸出規制がこれほどの効果を上げているのは、同盟国、とりわけ日本と連携して行っているからだと言えます。つまり、これは米国が単独で行動しているわけではありません。私たちは36カ国の連合を持っています。日本はすぐに立ち上がった。そして共に、私たちは半導体を含むロシアの部品を拒否しており、重要なことに、今日話し合ったように、執行に協力しています。そして、この戦争を継続するためにロシアが必要とするものをロシアに否定し続けるために、私たちは執行に協力し続けます。

米国に関しては、私たちのニーズを満たす能力があるという懸念はありません。さらに、昨日議会が CHIPS 法に基づいて行動したという事実は、私たちが自分自身と同盟国を守り、今後数十年にわたって十分な半導体供給を確保できるようにするための大きな前進です。

ブリンケン長官:  そして、軍事レベルで行われたあらゆる緊急事態とあらゆる準備に関して、私はペンタゴンに委ねます。

質問:   (通訳を介して) では、萩生田大臣とライモンド長官の両方に質問があります。そうですね、経済的には競争が起こり、それが貿易摩擦に発展する可能性があります。それは過去にもありました。しかし、経済領域をカバーする同盟関係についてはどうお考えですか。また、半導体サプライチェーンのさらなる強化についてはどのようにお考えですか。特に半導体分野における日米の協力関係は今後どうなっていくのだろうか。また、日米間の枠組みを広げる計画はありますか。

【萩生田大臣】   (通訳)ご質問ありがとうございます。そうですね、競争について語るときは、自由で公正なルールに基づくべきです。そして、経済成長を牽引し、活力の源となります。私たちは世界一と三位の経済大国です。日米は緊密に連携し、互いに励まし合い、競争力を高め、共に成長していきます。

一方で、経済秩序や自由で公正なルールを脅かす行為が存在するという問題も生じています。場合によっては、ある国がサプライ チェーンに対する優位性を有利に利用することがあります。国際ルールに違反する経済的強制は絶対に容認できません。自由、民主主義、基本的人権、法の支配 - これらは、両国が共有する普遍的な価値です。ルールに基づいた経済秩序を守り続けなければなりません。私たちは、平和と繁栄の地域の基盤を築くことができるように、競争に関して常に平等な競争の場を探しています。それは両国の大きな責任です。

次世代の半導体技術の開発は、将来を決定し、競争力を示すものであり、協力の最優先分野です。5 月の首脳会談では、次世代半導体研究の研究開発に関する共同タスク フォースを設置することが合意されました。先月すでに会っています。そして、ライモンド長官とともに、半導体に関する協力の基本方針に合意しました。我々は、志を同じくする国々と協力して、次世代半導体、人材育成、サプライチェーンレジリエンスに関する研究開発の2020年代の実現に向けて協力を拡大する。それを実行に移していきます。

今後の実装研究開発を検討していきます。先ほど申し上げたように、産総研理化学研究所東京大学が次世代半導体研究の専門知識を提供します。英知を結集し、新たな研究開発組織を立ち上げます。日本、米国、および同地域の志を同じくする国を含む海外の企業および研究機関に開放されます。国際共同研究のハブとなることを願っています。

この記者会見の直前に、私はライモンド長官と二国間会談を行い、彼女の努力のおかげで、CHIPS 法が米国で可決されました。画期的です。そして、公的側と私的側の両方でさらなるコミットメントを行うことができる方法があるでしょう. ありがとうございました。

秘書ライモンド:  私の同僚は非常によく言った. 私は彼が言ったことすべてに同意します。2 つの点を簡単に強調しておきます。

1つは、私たちが立ち上げたインド太平洋経済フレームワークであり、日本やインド太平洋の他の12の経済とともに、サプライチェーンに焦点を当てた柱があります。 -サプライチェーンにおける太平洋経済フレームワークは、半導体に焦点を当て、研究開発を調整し、輸出管理を調整し、協力します。

第 2 に、CHIPS 法の通過後の現在の目標は、米国の半導体サプライ チェーン全体を再構築することを目的として商務省が CHIPS 法を実施することです。そのサプライチェーンを発展させます。具体的には、化学物質と基板、材料の分野で、日本は世界のリーダーであり、ツールであり、大臣が述べたように、新興技術の研究開発を楽しみにしています。

昨日の議会の行動の重要性と、それによって日米が半導体サプライチェーンを強化するための協力の機会が開かれたことは、いくら強調してもしすぎることはありません